Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「損しない保険の選び方~保険に入る意味を知って必要な保険を見極めるコツ~」です。

保険って、複雑だと思いませんか?

よく分からないけれど、とりあえず入ってれば安心だろう・・・?そう思っていませんか?

しかし、残念ながら、保険は入っていれば安心というわけではありません。

私がファイナンシャル・プランナーとして保険の見直しをする中で、全く必要のない保障ばかりで、入っていても全く安心出来ないような保険に遭遇することもあります。

長期間、決して安くない保険料を納めながら、その保険が実は全く安心な商品じゃなかったら・・・?

そうならないためにも、きちんと自分に必要な保険を知って加入したいものです。

そのために今日は賢い保険の入り方について解説していきたいと思います。

もくじ

解説「生命保険」&「医療保険」

まず、「生命保険」と「医療保険」について解説していきます。

1.生命保険

「生命保険」は、家族のための保険です。

万が一、自分(被保険者)が亡くなった場合、家族に保険金が支払われます。

自分が亡くなったときに保険金が受け取れるものなので、当然ですが、自分自身は受け取れません。

扶養している家族がいる場合、万が一のときに家族が困ってしまうので、家族のために準備しておく保険です。

2.医療保険

「医療保険」は、自分のための保険です。

自分が病気やケガをして入院や手術をすることになった場合などに支払われます。

実は加入目的が違う?「生命保険」と「医療保険」

「生命保険」は家族のため保険、「医療保険」は自分自身のため保険であると分かりました。

つまり、「生命保険」と「医療保険」は加入目的が全く異なるのです。

先述の通り、「生命保険」は、扶養家族がいる方に必要な保険で、万が一のことがあれば、家族が困るので、家族のための保険といえます。

「医療保険」は、自分が病気やケガをしたときのための保険なので、自分が生きるための保険といえます。

つまり「生命保険」の目的は家族のための保険、「医療保険」は自分自身が生きるための保険であり、両者の目的は全く異なるのです。

賢い保険の入り方~保険に入る意味を知って自分に必要な保険を選ぶ方法~

このように保険に入る目的を明確にすると、自分がどんな保険を必要としているのかが分かってきます。

必要な保険は、人それぞれです。

例えば、独身の方の場合。特に扶養家族がいなければ「生命保険」はあまり必要ありません。

一方、扶養している家族がいて、特に子供がまだ独立する前であれば、「生命保険」の必要性は高くなります。

また、子供がいたとしても、既に社会人になり、独立していれば「生命保険」は不要、若しくは必要な保障額は減少します。

このように、それぞれの家族構成や、扶養家族の数によって「生命保険」で必要な保障額は異なります。

次に、「医療保険」についてですが、こちらは自分のための保険なので、家族構成は関係ありません。それなら、皆必要だし、とりあえず入っておいて安心!と思うかもしれません。

しかし、実は注意すべき点があります。

人間誰しも、歳を重ねるほど病気になる可能性は高くなります。ケガについては年齢関係なく若い人も可能性はありますが、しかし、老化による骨や筋力の衰えが原因で若いときは何ともなくても、歳を取ると、ちょっと転んだだけで骨折することもありますし、加齢によって思わぬケガに見舞われることもあります。

しかし、よくよく保険の契約を見てみてください。どこかで保障が切れることになっていませんか?例えば60歳で保障が切れる保険に入っていませんか?

つまり、こういった保険に入っている場合、病気やケガのリスクが高まる高齢になった頃に無保険になってしまいます。保険はとりあえず入っていれば安心!というわけではないことが分かっていただけるかと思います。

一方、複数の保険を契約している場合、保障が重複していたり、過剰な保障になっていたりして、無駄に保険料を払っていることもありますので、適切な保障となっているか、チェックしておくことをおすすめします。

ところで、保険に加入するとき、貯蓄とのバランスを考慮しているでしょうか。

保険に入る前は色々と不安になり、そんなときに様々な特約を見るとあれもこれも付けたくなります。しかし、特約をつければつけるほど、保険料は高くなります。

保険料が高すぎて、家計が苦しくなっていませんか?

貯蓄が難しくなっていませんか?

必ずしも保険で全てのリスクの準備をする必要はありません。

賢い保険の選び方は、自分の貯蓄でカバーしきれないリスクをカバーしてくれる保険を選ぶことです。

そもそも、全てのリスクを保険でカバーすることは現実的には難しいと言えます。

ですので、全てのリスクを保険で賄おうとするのではなく、貯金でカバー出来る範囲のリスクは保険に頼らず、貯蓄で準備することも考えてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

保険は複雑で不安だからと色々と加入してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、保険料の負担に苦しみ、結局保険が安心ではなく悩みの種になってしまっているケースもあります。

自分に合った保険と保障額を知ることは、無理なく安心を手に入れる最短の方法と言えます。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

保険見直し相談

*保険の販売・勧誘は行っておりません。

  • 本当に必要な保障になっているか診断してほしい
  • 保険料が安くならないか相談したい
  • 自分に必要な保険はどんな保険か知りたい

  等

保険のお悩みに関して診断、アドバイスいたします。

スタンダードプラン:オンライン相談回数3回

詳しくはこちら

プランを見る

お申込みはこちら

関連記事