Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「待ったなしの子供の教育費。一体いくらかかるの? 」です。

人生の三大支出の一つと言われている子供の教育費。

教育費は子供の進学に合わせてかかって来ますので、待ったなしの支出です。

しかし、反対に考えれば、いつ必要なのかあらかじめ分かる支出でもありますので、しっかり対策を立てておくと安心です。

今日は子供にかかるお金について解説していきます。

もくじ

  • 子供が大学まで進学する場合に必要な教育費はいくら?
  • 学資保険は必要?保険に関するウソ・ホント
  • まとめ

子供が大学まで進学する場合に必要な教育費はいくら?

子供の教育費は、一体いくらくらいかかるものなのでしょうか?

一番費用が安くて済むのは、幼稚園(3年間)~大学まで全て国公立の場合です。

この場合、約1,100万円かかります。

反対に、一番費用が高くなるのが幼稚園(3年間)~大学(理系)まで全て私立の場合です。

この場合、約2,700万円かかります。

文部科学省の、「子供の学習費調査」(平成30年度)では、幼稚園から高等学校までの教育費を、日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査」では、大学での教育費を知ることができます。これらをまとめると、以下の表のようになります。

*見やすいように、千円以下は四捨五入しております。

こちらの表を使って、各ご家庭の進学予定に合わせて計算してみてください。

例えば中学校まで公立で高校・大学が私立の場合は、1,525万円であることが分かります。

これは子供1人当たりの教育費ですので、子供2人の場合は2倍、3人の場合は3倍ということになります。

思った以上に教育費はかかる。そう感じた方も多いのではないでしょうか。

ですので、子供が小さいうちから準備しておく必要があります。

学資保険は必要?保険に関するウソ・ホント

子供の教育費を準備する方法として、学資保険(こども保険)を検討されている方もいらっしゃるのではないかと思います。

子供の教育費を積み立て、幼稚園、小学校、中学校、高校と進学する節目には「祝い金」が受け取れる保険です。

また、万が一契約者である親が死亡した場合、保険料の支払いが免除されますが、契約は継続となり、満期になると満期保険金が受け取れるのも大きな特徴です。

18歳満期、22歳満期が主流で、子供が生まれる前から加入できるものもあります。

もちろん、保険ですので、毎月保険料がかかります。

保険料の支払も決して楽ではないですよね。

だから迷っているという方もいらっしゃると思います。

これは私の考えですが、学資保険は迷うくらいなら、入る必要はないと思います。

予定利率といって、保険会社が集めた保険料を運用して得られる収益を予想し、その予想される収益によって割り引く保険料のことです。

つまり、予想収益が多ければ多いほど、保険料は割り引かれ、安くなります。

しかし、この予定利率が現在は大変低いため、大したお得感はありません。

むしろ、途中で解約すると戻ってくるお金が、払ったお金より少なくなり、損をすることもあります。

大してお得でもないのに損することもある。

それならしっかり貯金しておいた方がいいのではないかと思うのです。

まとめ

いかがでしたか?

子供が大学を卒業するまでに1,000万円以上かかる。

だからこそしっかり情報を集めて準備しておく必要があります。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事