Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「子供が独立したら保険はどうする?見直して無駄を省くには?」です。

保険を見直すタイミングの一つが、子供が独立したときです。

とはいえ、どのように見直せばよいのでしょうか?

子供が独立したということは、これからは子供のためより自分自身のことを考えていくことになります。

そこで今日は子供の独立時の保険の見直しかたについて見ていきたいと思います。

もくじ

子供が独立したら保険を見直そう

子供が独立したときというのは、保険を見直すときだと言えます。

ではどのように保険を見直せばよいのでしょうか。

保険を見直すためには、必要な保障がどのように変わるのかを考えていきます。

子供を扶養している時期に親である自分に万が一のことがあったら、子供の生活が行き詰ってしまいます。

なので、その事態を避けるために生命保険に加入しておきます。

子供を扶養している間は家族のための保険が必要です。

一方、子供が独立したあとは、自分自身のための保険を考えていくことになります。

家族のための保険から自分のための保険へ。

子供の独立時の保険見直しはここの違いを意識して考えていきます。

子供が独立したら必要な保障は変わる

子供が独立すると、家族のための保障については必要額が減少します。

場合によっては必要なくなることもあるでしょう。

子供が独立しときというのは、年齢的にも自分自身の健康が心配になってくる時期ですので、自分自身のための保障の方が必要となってきます。

さて、ここで、家族のための保険と自分のための保険に該当するものはどんなものなのか、見ておきたいと思います。

1.生命保険は家族のための保険

子供を扶養しているとき、万が一に備えて生命保険に加入していたとしても、子供が独立してしまうと大きな保障は必要でなくなります。

生命保険には「定期保険」や「終身保険」、さらにこれらの保険を組み合わせた「定期保険特約付き終身保険」などがあります。

定期保険は期間が決まっている保険ですので、子供を扶養しているうちは必要であったとしても、子供が独立してしまったら必要性が低くなります。

ですので、減額、あるいは状況に応じて解約を検討してもよいでしょう。

一方、終身保険に関しては、少し事情が違って来ます。

終身保険は、保障が一生涯続く保険です。

なので、相続対策として活用する方法も考えられます。

例えば、不動産などの資産を相続する場合でも、それにかかる相続税は現金で納付することになります。

その場合、その資産を相続した遺族に相続税を納付するだけの現金がない、という事態もあり得ます。そんなときに活用できるのが、終身保険なのです。

また、相続人が複数人いる場合には不動産の分割が難しいケースもあります。

そういった場合には、終身保険が活用できます。

例えば、上の子が不動産を相続するのであれば、その子を生命保険の受取人としておきます。

相続時には、その上の子は受け取った生命保険金から不動産の半額分を下の子に渡すという方法で相続します。(代償分割といいます。)

他にも、自分のために活用することもできます。

終身保険を解約すれば解約返戻金を受け取れるので、例えば老後資金として活用することも可能となります。

2.医療保険は自分のための保険

扶養する家族が減少すると、生命保険の必要保障額は減少します。

しかし、そのころには医療保険の重要性が増してきます。

そう、子供が独立するということは、自分自身もそれだけ年齢を重ねているということです。

人間誰しも年を取るにしたがって病気のリスクは高まっていくものです。

ですので、子供が独立した後は自分のための保険、すなわち医療保険を考えていく必要があるかもしれません。

もし今の保険の加入状況が、

  • 保険に加入していない
  • 60歳満期など、保障が切れる保険に医療特約がついている

であると要注意です。

人間どうしても年齢が上がると病気のリスクが高まります。もし、今の保険がある年齢で切れてしまうのであれば、その先無保障になってしまいます。しかし、病気になる可能性はその先の年齢の方が高まります。

とはいえ、子供が独立した年齢になって保険に加入したいと考えても、健康状態によっては加入出来ないこともありますし、加入出来たとしても保険料が高額になる可能性があります。

保障がないのが心配ということであれば、加入を検討してみてください。

一方、既に終身タイプの保険に加入しているのであれば、解約せずに持っておくと安心です。

万が一、解約しなければならなくなった場合は、慎重に検討してください。また、現在の保険を解約し、新たな保険に入りたいときは、新しい保険を契約してから古い保険を解約するのがおすすめです。加入できないリスク、保険料が高額で支払えないかもしれないといったリスクを未然に防ぐことができます。

もし、保険に加入できない、したくない場合、万が一の備えを貯蓄で準備するというのも1つの方法です。

その場合はもしもの備えが一体いくら必要なのか、あらかじめ計算して把握しておくと安心です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

保険の見直しが必要な時期は、これからの人生を考えていくいい機会でもあります。

子供が独立したときこそ、自分と向き合い、必要な保険は何か、考えてみるのもよいのではないでしょうか。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

保険見直し相談

*保険の販売・勧誘は行っておりません。

  • 本当に必要な保障になっているか診断してほしい
  • 保険料が安くならないか相談したい
  • 自分に必要な保険はどんな保険か知りたい

  等

保険のお悩みに関して診断、アドバイスいたします。

スタンダードプラン:オンライン相談回数3回

詳しくはこちら

プランを見る

お申込みはこちら

関連記事