Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「保険金には税金がかかる?~死亡保険金を受け取った時の税金とは?~」です。

保険を契約したときに、万が一死亡した場合は〇〇円受け取れます、と聞いて安心していたら実はその金額丸々受け取れる訳ではないという厳しい現実が。

そう、税金です。

しかも、死亡保険金にかかる税金は、契約のしかたによって異なりますので、契約する際には確認しておいた方がいいかもしれません。

今日は死亡保険金にかかる税金について解説していきます。

もくじ

生命保険について

まずは、生命保険の代表的な3つのタイプを紹介します。

1.定期保険

定期保険は、いわゆる掛捨ての保険です。

保障期間が決まっており、その期間内に万が一死亡(または高度障害状態)した場合は死亡保険金が受け取れます。

掛捨てのため、保険料は安いのですが、満期保険金はなく、また、解約した時にも戻ってくるお金はごくわずかです。

2.終身保険

終身保険は、死亡・高度障害状態となったときの保障が一生涯続く保険です。

保険料の支払う期間が過ぎたらその後は保険料を支払うことなく、保障は続きます。

また、死亡保障に代えて介護補償や年金受取へ変更可能だったり、解約しても一定額が受け取れますので、死亡後の家族の保障としてだけでなく、生きているうちに自分で活用することも可能です。

3.養老保険

保健期間中に死亡すると死亡保険金が受け取れ、保健期間が満了するまで生きていた場合は満期保険金が支払われる保険です。死亡保険金が支払われると契約は終了となり、満期保険金の支払いはありません。また、途中で解約した場合に受け取れるお金も期間が経過するごとに増えていくため(最後は死亡保険金と同額まで増える)、貯蓄性の高い保険です。

その分、保険料も高く設定されています。

死亡保険金を受け取ったときの税金とは?

まず、保健における登場人物と関係性について確認しておきます。

1.契約者

保険の契約を結び、保険会社に保険料を支払う人のことです。

2.被保険者

保険の対象となっている人。被保険者が死亡したり、病気・ケガをしたときに保険金が支払われます。

3.受取人

保険金を受け取る人のことです。

この3者がどういう関係なのかによって死亡保険金にかかる税金が変わってきます。

では、この3者と税金の関係を一覧で見てみましょう。

*便宜上夫・妻・子供と記載しておりますが、入れ替えても3者の関係性が変わらなければ同じと考えてください。

上の表を見ると分かるように、誰が契約し、誰が保険の対象となって、誰が保険金を受け取ったか3者の関係によって、受け取った保険金の扱いが変わってきます。それに伴い、税金の扱いも異なることが分かります。

それぞれ税額も違えば、控除額も異なりますので、当然、実際に受け取れる保険金にも違いが出てきます。

保険の契約時には保険金がいくらかということだけでなく、それに係る税金についても気にしていた方がよいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

保険自体も複雑で分かりにくいと感じる方も多いと思いますが、さらにそこには税金の問題も絡んできます。

保険だけに限らず、お金を受け取る機会があったら、税金を気にしてみるというのも大事なことかと思います。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

保険見直し相談

*保険の販売・勧誘は行っておりません。

  • 本当に必要な保障になっているか診断してほしい
  • 保険料が安くならないか相談したい
  • 自分に必要な保険はどんな保険か知りたい

  等

保険のお悩みに関して診断、アドバイスいたします。

スタンダードプラン:オンライン相談回数3回

詳しくはこちら

プランを見る

お申込みはこちら

関連記事