Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「住宅ローンの借り換えを考えたときに知っておきたいポイントとは?」です。

住宅ローン借り換えをする場合、メリットがなければ意味がありませんよね。住宅ローンを借り換えるときにメリットとなるのはどういったケースか、また借り換えのとき、どんな点に注意すればよいのか知っておくことで、しまった!という事態を防げるのではないかと思います。

そこで今日は、住宅ローン借り換えメリットと注意点について解説していきます。

もくじ

住宅ローン借り換えのメリット

住宅ローンを今より金利の低いものに借り換えることで、返済額が軽減されるのであれば、住宅ローン借り換えのメリットがあると言えます。

とはいえ、住宅ローン借り換え手続きには費用がかかりますので、費用を含めて借り換えをした方がオトクでないと、意味がありません。

一般的には、借り換え前後において、以下のような3つの条件を満たしていれば、借り換えのメリットがあると言われています。

  • 金利差が1%以上
  • 残り返済期間が10年以上
  • ローン残高が1,000万円以上

こちらはあくまで目安です。残りの返済期間が長かったり、ローン残高が多い場合には金利1%以下であってもメリットがある場合も考えられますので、上記の条件にこだわらず、一度試算してみる方がよいでしょう。

住宅ローン借り換え時の費用はどれくらい?

住宅ローンの借り換え時の費用は、金融機関や、ローンの残高等の条件によって異なるため、一概にいくらとはいえません。ですので、借り換え前に確認しておくことが必要です。

借り換え時の費用には、登録免許税、司法書士への報酬の他、融資事務手数料や印紙税などがかかります。

あくまで目安ですが、借り換え時の諸費用は30万円~90万円くらい。結構幅もあります。

住宅ローン借り換え時の注意点

住宅ローン借り換え時にも審査がありますので、審査に落ちる可能性ももちろんあります。

もし、審査に落ちたら借り換えは出来ませんので、その点は注意しておく必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

住宅ローン借り換えは、まずきちんとシュミレーションをし、本当にメリットがあるかどうかを確認しておくことが重要となります。

計算が面倒!と思うかもしれませんが、各社のホームページなどを見てみると、必要項目を入力するだけで、自動でシュミレーションが出来たりしますので、活用してみてください。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

家計見直し相談

  • 教育資金はどのように準備すればよいか知りたい
  • 老後資金は足りるのか不安に感じている
  • 住宅ローンと教育費の支払いが重なり不安、今後の家計に問題はないか、シュミレーションしてほしい

  等

家計に関するお悩みに対し、解決策を提案いたします。

スタンダードプラン:オンライン相談回数3回

詳しくはこちら

プランを見る

お申込みはこちら

関連記事