Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「悩める住宅問題。30代独身で年収は高くない私が購入可能な住宅はいくらくらい?」です。

この先もこのまま独身かもしれない。そうなったときに住宅はどうすればよいのか。現在は賃貸住宅でも問題なくても、このままずっと賃貸でよい?購入するなら、いくらくらいの物件を選んだらよい?悩みどころではないでしょうか。

ただ、悩んでいても解決しない!ということで、今日は独身の住宅問題について具体的に見ていきたいと思います。

もくじ

30代独身。結婚しない場合将来の住宅はどうする?

30代独身であれば、今後結婚(再婚)するのか、それともこのまま一生独身で過ごすのか。

独身のまま過ごすのであれば、この先住宅をどうするのか、という問題にも頭を悩ませます。

まずは、持ち家と賃貸それぞれのメリット・デメリットを見ておきます。

1.持ち家

①メリット

ローンを払い終わった後は、住宅費の負担が小さくなる

住宅ローン控除

自分の家が持てる

賃貸よりも家の質が高い

自分好みにリフォームすることが出来る

②デメリット

住宅ローンの他にも税金や修繕費など、賃貸になかった費用がかかる

住み替えにくい

住めなくなったときに売却できるとは限らない

地震や火災で損害を受けるリスクがある

2.賃貸

①メリット

状況に合わせて変えられる

支出をコントロールしやすい

修繕費を負担する必要がない

②デメリット

家賃を一生払い続けなければならない。終わりがない

いくら家賃を払っても自分の物にはならない

歳を取ると借りにくくなる場合がある

住宅をどうするかは、まず、それぞれのメリット・デメリットを知るところから。

ちなみに、住宅費はどちらの方が得か?ということについては、一概には言えません。

どんな家に住むのか、どこに住むのか、またローンの金利が今後どうなるのかなどケースバイケースであり、また、事前に結論を出すのは非常に難しいと言えます。

なので、住宅は損得ではなく、自分に合ったものを選ぶことが大切なのです。

もしも住宅購入するなら?

30代独身で、年収300万円の場合、購入する住宅はいくらくらいと考えればよいのでしょうか。

家計の状況を以下の通りに仮定しシュミレーションしてみます。

Aさん35歳

年収:300万円

現在の家賃84万円(月7万円×12か月=84万円)

返済可能額を考える

返済可能額とは、無理なく返済できるローンの金額を家計の収支から算出したものです。

ここで忘れてはいけないのが、現在の家計だけでなく、将来の家計についても考えておくということです。

住宅ローンは長年返済が続きます。しかも、途中で苦しくなったからといって、“やっぱりやめた!”ということはできません。

今後も支払続けていけるかというところまでシュミレーションする必要があります。

住宅を購入する前に一度家計を見直しておく方がよいでしょう。

もう一つ、注意しなければならないことは、賃貸と違って維持費がかかることです。

まず、固定資産税などの税金がかかります。マンションであれば修繕積立金や管理費もかかるでしょう。

こうした費用も合わせて返済可能額を考えておく必要があります。

ところで、住宅ローンの借入期間はどのように考えればよいのでしょうか。

ポイントとなるのは、Aさんの年齢です。

35歳のAさんは、一体何歳までに住宅ローンを完済すべきなのでしょうか?

65歳で定年退職、年金生活に入るとしたら、それまでに住宅ローンは払い終わっているのが理想です。

つまり、借入期間は30年までということになります。もし可能であれば繰上げ返済などで20年くらいに短縮できると、その後が楽になります。

では、30年のローンで借りられる額はいくらなのでしょうか?

独身の場合、人生における大きな出費の機会は案外少なく、老後資金の準備や万が一の場合に備えた貯蓄くらいなので、ここでは将来の家計については一旦置いておきます。

現在の家賃が7万円。そこを基準に考えて返済額を7万円としてしまっては、出費は増えてしまいます。

マンションを購入する場合、管理費や修繕積立金がプラスでかかるので、この合計額を仮に2万円/月(年24万円)とし、固定資産税を10万円と仮定すると、返済可能額は月4万円ほどとなります。

返済額を月4万円(年間48万円)、返済期間を30年とすると、借入額は1,300万円ほどとなります。

ただし、金利やその他の条件によって変わるので、これはあくまで参考価格としてみてください。

また、実際に金融機関から借りられる金額はこの限りではありませんので、その点は留意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

こうして見てみると、現実的には可能なように見えます。

しかし、これはあくまでシュミレーションなので、実際は、無理のない住宅の価格というのは人それぞれ異なります。

自分が買える住宅は一体いくらくらいなのか知りたい方。ご自身に合ったプランを考えてみませんか?

ファイナンシャル・プランナーによる家計相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

家計見直し相談

  • 教育資金はどのように準備すればよいか知りたい
  • 老後資金は足りるのか不安に感じている
  • 住宅ローンと教育費の支払いが重なり不安、今後の家計に問題はないか、シュミレーションしてほしい

  等

家計に関するお悩みに対し、解決策を提案いたします。

スタンダードプラン:オンライン相談回数3回

詳しくはこちら

プランを見る

お申込みはこちら

関連記事