Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

人生の節目で見直すことで強い家計を作る家計見直し相談を行っています。

さて、今日のテーマは「マイホームで後悔しないために知っておきたい自己資金はいくら準備する?」です。

住宅取得時、ほとんどの方が住宅ローンを利用するのではないでしょうか。

住宅ローンは長期の返済が伴うこと、途中でやめるわけにはいかないことから、何より大切なのは、住宅ローンを組む前の計画です。

今日は住宅ローン失敗しないための自己資金の準備について解説していきたいと思います。

もくじ

住宅取得時に必要な資金とは?

住宅の価格というのは、年収の数倍にもなるので、自己資金だけで賄うのは難しく、ほとんどの方が住宅ローンを利用して取得するかと思います。

しかし、住宅購入時に全ての費用を住宅ローンでカバーするのではなく、ある程度自己資金を準備する必要があります。

出来る限り自己資金を充て、不足する分を住宅ローンで補います。

ここで、住宅購入時に必要となる費用には2種類あります。

1つは「頭金」もう1つは「諸費用」です。

1.頭金

頭金は、住宅の購入価格の2割ほど用意した方がよいと言われます。頭金なしで借りられる住宅ローンもありますが、しかし、頭金なしで住宅ローンを組むと返済総額が大きくなり、また、返済期間が長くなってしまうというデメリットがあります。それから、頭金ゼロの方が住宅ローンを組んで今後問題なく返済していけるかという不安もあります。

もし、どうしても頭金が用意出来ない場合は、将来返済が苦しくならないか、事前にきちんと資金計画を立てておく必要があります。

現状だけでなく、ライフステージに合わせた資金計画を立て、無理なく返していけるかシュミレーションすることが非常に大切です。

2.諸費用

頭金の他に、住宅取得時にかかるのが、諸費用です。

諸費用の中には住宅にかかる費用と、住宅ローンにかかる費用があります。

取得する物件や利用する金融機関によって諸費用は違ってきますが、土地・建物取得にかかる費用としては、印紙税や不動産取得税などの税金や手数料、司法書士への報酬などがあります。住宅ローンにかかる費用については、手数料のほか、印紙税や不動産取得税、登録免許税などの税金、保険料、ローン保証料、抵当権設定登記を依頼した場合の司法書士への報酬などがかかります。

これらの諸費用の支払いは、通常は現金払いとなります。金融機関によっては、諸費用も含めて融資が可能なところもありますが、その場合、利息の支払い分、費用が増えてしまいますので、そういった意味でも出来れば諸費用は準備しておきたいところです。

住宅購入の際には、頭金2割、諸費用1割で、合計して住宅価格の3割ほど準備するのが望ましいと言われています。

年代別ライフステージと資金計画のコツとは?

20代

20代で住宅を取得するメリットは、長期でローンを組むことが出来ることです。しかし、まだ収入が少なく、自己資金が不足しがちなのもこの年代です。さらに今後、転職や結婚・離婚と生活が変化する可能性も高いので、今後のライフプランを含めて検討していきます。

親からの資金援助も可能かどうかを確認しながら、どのように自己資金を確保するか、今後の人生に必要な貯蓄を確保しながら無理のない返済計画を立てていくことが必要です。

30代

子供がいる場合は、子供の成長とともに教育費が増え始める時期です。

子供が成長するにつれ、徐々に手がかからなくなると働く時間の確保が可能になり、収入を増やせることもあります。ただ、教育費がまだまだこれから増える時期であるため、今後の出費を考慮しながら、しっかりとした収支の計画を立てていく必要があります。

40代

年収が増えてきている年代ではありますが、同時に教育費の支出が最大に近づいてきている年代です。このころまでに教育費を計画的に準備しているかどうかでその後の家計の状況は大きく変わってきます。また、教育費だけでなく、このころから少しずつ老後資金の準備についても考えていかなければならない時期となります。

返済期間が長すぎると老後まで食い込む可能性があるので、その点は慎重に検討する必要があります。ある程度収入がある場合は、元金均等返済を選択するのも一つです。

50代以降

子供が独立し、教育資金の負担が軽くなってくる頃かと思います。

その反面、老後資金をしっかり確保していかなければならない時期でもあります。

住宅ローンを利用する場合はなるべく借入金額を抑えることが重要となります。

単独でローンを組む場合は、返済期間が限られるので、例えば子世帯と同居の予定があるのであれば、親子リレー返済や親子ペアローンなども考えられます。

貯蓄はどれくらい残しておくべき?

出来るだけ頭金を用意して、ローンの返済を軽くする、そのために貯蓄は全部頭金に回そう。

というのは、キケンです。

もしも、急にお金が必要になったとき、何かあったときのためにもある程度貯蓄は残しておかなければ不安です。ですので、およそ3か月~6か月分の生活費は手元に残しておいた方が安心です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

住宅ローンは返済が長期に渡り、家計の負担も決して小さくありません。失敗しないために重要なことは、ローンを組む前にしっかり検討することです。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談してあなただけの強い家計を作ってみませんか。

強い家計は幸せにつながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

家計見直し相談

  • 教育資金はどのように準備すればよいか知りたい
  • 老後資金は足りるのか不安に感じている
  • 住宅ローンと教育費の支払いが重なり不安、今後の家計に問題はないか、シュミレーションしてほしい

  等

家計に関するお悩みに対し、解決策を提案いたします。

スタンダードプラン:オンライン相談回数3回

詳しくはこちら

プランを見る

お申込みはこちら

関連記事